<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 年末年始の営業日について | main | トシノセ2017 >>
「藍・衣展」 高城染工所 - 展示販売

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「藍・衣展」 -  高城染工所  | 展示販売
 2018年1月1日(月)〜 8日(月)

 

 

2018年最初の展示販売は、

岡山県倉敷市の高城染工所さんの洋服を「期間限定」 で販売致します。

 

 

私たちの大好きな藍染め。

今からソコノワの店内に並ぶことが楽しみで仕方ありません。

 

 

今回販売する洋服は、アメリカのニューヨークから届いた USED WEAR を丁寧に染め上げた洋服たちです。

「ラフに袖を捲り、ざっくり着る、細かいサイズは気にしない」
そんな感じのスタイリングがソコノワの今の気分です。

 

 

"藍染め"

の魅力を少しでも多くの方に知っていただける機会になりますように。

 

 

1点ものの洋服は、

男性はシャツが中心で、女性はシャツやワンピースなどございます。

※生地の色・柄・サイズ・生地厚などは1点1点異なります。

※price : 1枚 3900yen (in tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  USED WEAR の藍染  

 

ニューヨークのディーラーから届いた古着の山からピックアップして濃厚な藍染に染めました。

 

古着を洗浄、消毒も兼ねてブリーチしたあとにインディゴ染めしたもので、

チェックやストライプの柄の上から染めたものやヘリンボンやネル生地のものを染めたり、いろんな表情の古着になりました。

 

着ていくごとに下地のチェックやストライプが浮き出てきて、独特な色合いを楽しめます。

染めることで糸をコーティングする役目もあり、強度も増します。

 

デザインやサイズ感を選んで組み合わせて楽しんでいただきたいと思います。

 

 


 

 

 

 

  高城染工所

 瀬戸内、倉敷・児島、繊維の町

 

 

文化の香りに包まれた倉敷。

その中でも温暖な瀬戸内海に面した繊維の町、倉敷市児島で100年の歴史を守り、受け継がれている高城染工場。

 

糸染めやデニム、帆布の染めを経て、今は天然の藍やインディゴの手染めにこだわった生地や服を作っています。

高城染工の出す色は経験から得られたものであり、生地と色のバランスがとれ、それらのものを形にしています。

 

天然の藍のもつ魅力から、デニムの染料であるインディゴの奥深さを探求しつつ、

あくまでも手染めと藍色にこだわり、日々求めています。

 

 

 

 

====================================


「藍・衣展」 -  高城染工所  | 展示販売


■日程:1月1日(月)〜 1月8日(月)
■時間:12:00〜20:30(1月1日〜3日は11:00〜18:00)

■場所:ソコノワ店内一部
■EVENT PAGE(facebook)

https://www.facebook.com/events/1522693841141609/

 

※3が日は、変則営業になりますのでご注意ください。


====================================

 

 

 

 

ソコノワ | FUKU & ZAKKA
埼玉県川越市南通町
16-5-1F 【アクセス
12:00-20:30 不定休
☎049-299-7285
クレジットカード可 通信販売可

 

お問い合わせ  
商品やイベントに関するお問い合わせは下記をご利用くださいませ。
  ・ お問い合わせフォーム

  ・ TEL 049-299-7285 
  ・ mail info@sokonowa.com 
 
ソコノワ便り - Mail Magazine

週1回、『ソコノワ便り』(メールマガジン)を配信しています。
メールマガジンご登録の方にいち早く、新着の「入荷案内
」「イベント詳細」などをご案内いたします。
ご希望される方は、以下よりご登録お願いします。

ソコノワ便り-メールマガジン登録はこちら

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://sokonowa.jugem.jp/trackback/289
TRACKBACK





ソコ ノワ